読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくらく不動産投資のいろは

サラリーマンでも意外と簡単に不動産投資で不労所得が得られます。らくらく不動産投資で生活の質を向上させましょう。

「都税クレジットカードお支払サイト」への不正アクセス

昨日郵便受けに東京都主税局からの封書が3通届いていました。

今年分の固定資産税の支払いの案内かなと思いつつ開けてみたら、中には次のような件名の書面が入っていました。

f:id:fudo3to4:20170331213950j:plain

「「都税クレジットカードお支払サイト」への不正アクセス及び情報流出の可能性に関するお詫びとお願いについて」

内容を簡単にまとめると、次のようなものでした。

1.「都税クレジットカードお支払サイト」に外部から不正アクセスがあった。
2.クレジットカード情報のうち「カード番号」「有効期限」及びメールアドレスが流出したおそれがある。
3.平成27年4月1日から平成29年3月9日までの間に、同サイトを利用した方の情報が流出した可能性がある。
4.同サイトは平成29年3月10日より利用を停止している。
5.本事案を要因とする不正利用は確認されていないが、ご利用明細を確認をお願いします。


東京都主税局のトップページにもお知らせが掲載されていました。

http://www.tax.metro.tokyo.jp/


固定資産税をクレジットカードで支払いをしている方も多いかと思います。
クレジットカード支払い場合は手数料がかかりますが、手数料以上の還元率のポイントが付与される場合にはお得になります。

口座振替と違い毎回クレジットカードでの支払い手続きをしないといけないので手間はかかりますが、引き落としが約1か月後なのでその分の資金繰りの面でもメリットがあります。
また、クレジットカードの利用履歴の向上にもつながるかなと思っています。どれだけの効果があるかわかりませんが、上のランクのクレジットカードを狙っている場合はなるべく多く利用した方がよいかと思います。


このように、税金のクレジットカード払いはとても活用していただけに、今回の事案を受けた支払サイトの休止が長く続くのは避けてもらいたいです。

次期の都税支払いは6月30日期限なので、それまでには、安全対策をしっかりととったサイトの再開を願っています。

 


それにしても、今回同じお知らせが3通届いたのは3区で納税しているからだと思いますが、名寄せして1通送ってくれれば郵送代などが浮くのにもったいないですよね。