読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくらく不動産投資のいろは

サラリーマンでも意外と簡単に不動産投資で不労所得が得られます。らくらく不動産投資で生活の質を向上させましょう。

火災保険について

保険加入は必要?

賃貸物件を購入する際には、火災保険・地震保険への加入が求められます。

絶対入らないといけないものではないですが、入っていないと自然災害等で被害にあった場合に、多額の修理費を負うこととなります。

賃貸経営が立ち行かなくなることもありますので、やはり火災保険・地震保険には加入すべきだと思います。

 

 

私の場合は、融資を受けた銀行からのしばり(というかお願い)で長期の火災保険に入る必要がありましたが、火災保険自体は長期でないといけないというものではなく、1年単位で自由に選べるらしいです。

長期だと割引になったりすることもありますし、更新の手間もかからないので、最初に多額の保険料を支払う余裕があるのであれば、長期契約でもいいと思います。

ちなみに、途中で物件を売却する際には、不要となる保険料は戻ってくるので安心してください。

 

また、確定申告に関して、一括で支払った場合でも、支払額全額を一度に経費にすることはできず、その年の分の費用だけを計算して経費とする必要があります。

翌年以降はその年の分だけを費用とするのですが、実際の支出が伴わないことから、経費とすることを忘れてしまう恐れがありますので、確定申告に必要な情報として、どこかに書き留めておくといいと思います。

 

 

これまでの保険金の請求について

私の物件においても、これまでに何度か保険支給の対象となる事象がおきました。

同じような事例でも、状況によってはすべての場合に当てはまらないかもしれませんが、参考としていただければと思います。

 

駐車場内設備破損 約6万円

大雨による屋上漏水の修繕 約10万円

貯水タンクの修理 約30万円

 

このように、保険があったからこそ、安心して修繕を迅速に進めることができ、結果として入居者への不便をかけないことができました。

実際起きるまでは実感はわかないと思いますが、保険があることで普段の運営に安心を持つことができると思います。